TOPICS

新築外構工事の予算組みの考え方

気をつけなければいけないのはハウスメーカーや工務店などのビルダーさんが予算組みで見積もる外構工事の金額は、多くの場合が「必要最低限の金額」であると言う事です。これはいわゆる「ただ暮らすだけ」と言う内容であって、某ハウスメーカーさんが「555万や888万で家が建ちます」と言っているのと同じ感覚で捉えていただきたい内容になります。

ハウスメーカーさんは少しでも多くの予算を建物に使って欲しい反面、外構工事について嘘をつく訳にもいかない状況と言う事で、そういう話になってしまう訳ですが、同様の理由で外構工事についての打合せを後回しにしてしまいがちです。要は早い段階で外構工事の予算を施主に把握して欲しくない訳です。

これは施主自身がご新居のエクステリアについて「ただ暮らせれば良い」「建売住宅みたいな外構で良い」と言う認識でいらっしゃるのであれば特に問題にはなりませんが、少しでも建物とのバランスを考慮したり外構を少しでも格好良くしたい!オシャレにしたい!自分好みにしたい!と考えだすとその予算ではとても収まりきらないパターンになります。

そうならないためにもビルダーさんの予算組みを鵜呑みにはせず、家の間取りや仕様を決めてしまう前に外構の専門業者に問い合わせてみてください。

今時の家づくりで建物にだけお金をかけるなんてナンセンスですが、ビルダーさんは建物(土地)を売るのに必死でそんな事を忠告してはくれません。これはハウスメーカーの成果主義で歩合制給与の体制に問題があり、設計さんが本当により良い家づくりをしたいと考えていても、会社(営業)の体制としてそれを貫くのを良しとはできず、土地を捌くための付帯物として家を付けて売っている住宅会社も少なくありません。

建物もエクステリアもインテリアも、トータルバランスで住まいづくりを考えたい方は、くれぐれも建物だけに予算を搾り取られない様に注意してみてください。

Category