GALLERY

コンパクトでもしっかりリビングガーデンになる

COMMENT

道路から見て縦に長く奥行きのある敷地であり、北側道路のファサードと南側のお庭が完全に分離しているパターンです。

 

敷地間口に対して駐車場と駐輪場を左右に振り分けて配置してありますが、玄関前がガラ空きにならないように植栽スペースを設けました。

また、そのパーテーションがわりになっている植栽帯を避けて左右から玄関ポーチにアプローチできる形になっており、玄関ポーチの形状も変則的な形に造作させてもらいました。

同時に、玄関ポーチの変則的な形状と他エリアの馴染みを良くするために曲線を取り入れた石張り舗装をアプローチとしてデザインしています。

 

庭部分は、ウッドデッキと石敷きの2つのエリアをデザインしてあり、リビングと繋がるスペースにはウッドデッキを、モダンな和室から眺められるスペースには石敷きを配置してあります。

ウッドデッキの先にはタイルベンチと水栓を設置して、フォーカルポイントとしてあり、デッキで過ごしても良し、リビングから眺めても良しの空間にしてあります。

庭先の境界部分に設置したデザインウォールとウッドフェンスは、隣地にとっては北側境界となり窓を積極的に設けない面になっていますので、そこまで高くせずに程よく隣地と分断するものになっています。

 

ITEM

Price