TOPICS

消費税増税・・・ウッカリしていました。

消費税増税が・・・もう少し先だなー。

なんて私もボーッと捉えて特に深く考えていませんでしたが、先日ご来店いただいたお客様からの契約時期に関するお言葉でハッと我に返りました!

そーなんです!

10月1日以降のお引渡しになると思われる外構工事でも「工事請負契約」においては3月31日までに締結しておけば、消費税の税率が8%の据え置きになるのです!

9月中に引渡しができれば消費税率は8%が適用されますが、9月中に外構工事を引き渡さなければならないとなると・・・目安としては8月の頭もしくは7月の末ごろの着工・・・という事は7月末の住宅の引渡し・・・住宅の工期が早ければ3ヶ月・・・という事はGW前の建物の着工が必要・・・そしてもう2月の後半。。。

という事は来月3月や4月の建物着工予定の方が建築工法によってはギリギリ・・・セーフ?って感じですね。

ちょっとゲスな勘ぐりを言わせていただくと、それに託けて「ですから外構工事も一緒にご契約ください!」と売り込んでくるビルダーさんも増えそうですねぇ。。。もっと言えば、分かってて外構のお話を後回しにしてくる営業さんも。。。苦笑

それが結果的に皆さんの満足や幸せに繋がるのであれば何の問題もないのですが・・・

とまぁ兎にも角にも

建物の着工が5月以降の予定になってしまう方は、外構工事のご契約も3月末までに行っていただければ消費税率は8%のままになりますが、ちょっとのんびりして外構工事の問い合わせを後回しにしてしまうと10%の消費税対象になってしまいますのでご注意ください!

弊社では問い合わせしてから最短でも「面談ヒアリング→現場調査→プランニング→見積もり→打合せ→ご契約」のフローがありますし、混み合っていると1ヶ月くらいはお待たせしてしまいますので、それも見越して余裕を持ってお問い合わせくださいね。

土地と建物形状や玄関の位置さえ何となく決まっていればエクステリアデザインのお打合せは可能ですし、外構プランが固まっていなくてもご契約だけ先にいただく形でじっくりプランを練っていただくことも可能ですので、是非お早めに!!

Category