「シンプルが個性になる」力強い存在感を放つクールなシンプルモダンスタイル

オーナー様は建物外観と外構デザインのバランスをとても気にされていて、ダークカラー主体の植栽やシンプルな舗装デザインをご希望されていました。

舗装面に関しては、ご要望通りにシンプルなデザインのコンクリート舗装とし、アプローチだけを洗い出し仕上げにしてパターンの切り返しを設けました。

と同時に、ファサードのメインの構造物である門柱のデザインでは試行錯誤を繰り返し、「シンプルさ」と「存在感」を両立すべく、アイアンウッドの柱材で構成されたスケルトンのボックスの門柱を造作しました。

また、ボックスの形状とリンクさせる形で玄関ポーチ横には長方形が際立つ植木鉢を配し、同時に、建物外観のアクセントになっている白色の塗り壁にリンクさせる形で、表札を白色にしてみました。ボックスの中には樹形の美しいアオダモを植え付け、これから成長していく枝葉の不規則性が直線で構成されたボックスとのコントラストになり、お互いを引き立て合う効果を狙っています。

庭エリアも極力シンプルに考えましたが、ウッドデッキの床形状には斜めのラインを一本だけ取り入れました。こうする事で芝生エリアとデッキエリアが視覚的に分断されず、庭全体を広く感じられる様になりました。

また、ウッドデッキ上に設置した水栓は水受けを床に埋め込む様に収めてあり、とてもスッキリとした形に仕上がっているので、窓からの眺めのフォーカルポイントとしてシンプルさをより一層強く感じられるデザインになっています。

ITEM

Area

Price