GALLERY

土留めですら緑化してしまった木々に囲まれたハーベストガーデンプラン

COMMENT

南側道路で日当たりの申し分ない敷地ですが、高低差のある中で土留に緑化の工夫が欲しいと言う事でした。

 

庭の面積を最大限に確保できる様に駐車場の配置を考えながらも、駐車スペースにも植栽しっかりとできる様に空間を確保しました。

門構えになる木塀を土留の外殻として配置しつつ緑化土留を隣接して人工物の露出を押さえる形にしてみました。

緑化土留には金属製のゲージに椰子マットを流用して土留としてあり、表面には地被植物の植え付けを可能にしてあります。

 

全体のデザインはモダンなラインを重視してある中でナチュラルな印象になる様に素材をセレクトしてあります。

連続する自然石の階段の途中には踊り場を設けて、日々の往来にゆとりを感じられるスペースにしました。

また、階段を上がったところにある庭部分には建物窓からの眺めを重視しながら各樹木を配植し、部屋から全体が見渡せる空間にしてあります。

ウッドフェンスにはあえて変則的に隙間を作り、ブラックベリーなどの壁に這わせる植栽で収穫を楽しめる様に考えてあります。

 

【ご要望】

①出来るだけ樹々に囲まれたお庭にしたい。②駐車場は2台分を確保したい。③木をたくさん植えて果樹から収穫したい。

ITEM

Price